オールインワンゲルの選び方

subpage1

様々な種類があるオールインワンゲルを選ぶ際は、肌質により選び方が異なるので、まずは自分の肌質をチェックすることが大切です。
肌が全体的に潤っている状態ではあるものの、頬などが乾燥してしまうという普通肌の人は、適度に弾力があり肌のキメが細かいため、刺激を感じることは少ないとされています。

このような特徴がある普通肌には、肌を整えて美肌を維持できるものが好ましいので、就寝中に効果を発揮してくれるようなオールインワンゲルが理想的です。

オールインワンゲルに関する企業の一覧です。

また、混合肌は部分的にカサつきが気になる肌質で、Tゾーンがテカりやすいという特徴を持ち、口元や目元のみ乾燥する場合もあります。混合肌の場合は、クリームタイプのものを使うと、吹き出物が部分的に発生してしてしまうことが考えられます。
こういうタイプの肌には、気になる部分に重ね付けをしてもポロポロが出にくいオールインワンゲルが望ましいとされています。それから、保湿ケアをしっかりと行っても時間が経つと肌がカサついてくる乾燥肌は、肌のツヤが失われて小じわができやすくなる可能性があります。



このような特徴を持つ乾燥肌には、保湿や保水力に優れたものが適しています。



肌の水分が不足すると肌の乾燥が悪化してしまう場合があるため、保湿と保水をしっかりと行うことが大切です。

そして、敏感肌は肌への刺激を少なくするため、できるだけ無添加でマッサージ機能がなく、肌にサッと塗布できるようなオールインワンゲルが理想的だと言われています。


オールインワンゲルを購入する際は、可能であれば店舗などで自分の肌の診断をしてもらってから比較検討し、自分の肌に合うものを選ぶことが大切です。